ライムワイヤー(LimeWire)とは世界中で愛されているファイル共有ソフトです。

無料でダウンロードでき、日本語にも対応していますので、日本でもライムワイヤーは大人気です!

またMacにも対応している数少ないファイル共有ソフトであり、ipodとの連携なども快適におこなえます。

ライムワイヤーは音楽ファイルに強いといわれていますが、音楽ファイルを共有することはは著作権違反ですので注意してくださいね。

ここではライムワイヤー日本語版の使い方やインストール方法、初期設定や便利なツール紹介などライムワイヤーに関することならこのサイトをごらんいただければOK!また、ファイル共有ソフトに常に付きまとう問題である、ウイルスや著作権問題にもしっかりと触れていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

ライムワイヤーを使いこなすならPro版を購入する前にこちらを読んでからにしてください!

ライムワイヤーとカボス

ファイル共有ソフトは世界中、いろいろあるんですが、中でもライムワイヤーと並んで大人気のファイル共有ソフト、カボス(cabos)をご紹介いたします。

カボスはライムワイヤーと同じくGnutella系のネットワークを利用するクライアントソフトです。ライムワイヤーと同じく日本語が使えます。(コチラのほうがより日本語に適応しているという噂も)

カボスもWindowsとMac両方で利用でき、スパイウェアやアドウェアを一切含まないフリーソフトです。
一般的にライムワイヤーは音楽ファイルが強いといわれていて、カボスは大容量のファイル(動画など)に強いとされています。(著作権違反はくれぐれもご注意を)

どちらのソフトも日本語で検索し、日本語名のファイルが結構出てくるので、英語がまったくわからない人でも、安心して導入することが出来るのが嬉しいところです。

カボスもライムワイヤーも別段、ポート開放が必須というわけではないので、WinnyやShareの導入を断念した人でも利用することができます!

インターフェースは個人的にはカボスのほうが見やすいかなと思いますが、ライムワイヤーも初心者にやさしいソフトですので、どちらを使っても満足できるファイル共有ソフトだと思います。

ちなみに日本語解説サイトも多いので、設定などにつまずくことも少ないでしょう。
ライムワイヤーとカボス、お好きな方をお使いください!

最新コンテンツ

▲ページトップに戻る