ライムワイヤーで逮捕!?

本当に多くの方が利用しているライムワイヤーですが、ライムワイヤーを使った詐欺事件があったのは記憶に新しいところです。

事件は長野県で発生した模様で、被害者はまだライムワイヤーのことがよく分かっていない石川県の男性で、口座番号とパスワードを騙し取られて、約95万引き出されてしまいました。

関係者は、「初期設定を間違えると交換したくないファイルも流出する危険があるとされ、被害にあった男性も、初期設定を誤ったとみられる」。

これは個人的な見解をいわせていただくと、まったくお話にならないといったところです。

そもそもライムワイヤーのことが良くわかってないのに、ライムワイヤーを利用すること自体、おかしいと思いませんか?

何度も言うように、ライムワイヤーをはじめとするファイル共有ソフトは使用すること自体、とてもリスキーなことなんです。

それを承知の上で利用するならまだしも、初期設定もロクにできない人が使えるほど甘くありません。
個人的には被害者には気の毒ですが、自業自得な部分がとても多い事件だと思っています。

皆さんもよく分からないなら、無理して使わないほうがいいと思います。
どうしても使いたいなら、自己責任で。

▲ページトップに戻る