ライムワイヤーの匿名性は?

ライムワイヤーは日本で有名なWinnyやShareとは違い、匿名性は0と考えてもらって構いません。
といっても最近ではWinny、Share共に匿名性神話は崩れ去ってきているようですが。。。

また、匿名性がまったくないファイル共有ソフトとして、世界中で人気のソフト、BitTorrent(ビットトレント)もあります。匿名性がないとどういうことになると申しますと、例えば、著作権侵害のファイルをアップロードしていた場合(皆さんはそんなことしてないですよね!?)、警察が調べたら簡単にアナタがどのファイルをアップロードしていたかわかってしまいます。

これはすなわち、逮捕を意味します。

実際に、同じく匿名性が0であるWin MXでは逮捕者も出ています。
さらに、匿名性があるといわれているWinnyでも逮捕者が出ているという事実を知っておいてください。

また匿名性とはちょっと違いますが、ウイルスによる個人情報流出問題など、ファイル共有ソフトを利用するということはとってもリスキーなことであるという事を覚えておいてください

いずれにせよ、ファイル共有ソフトを利用する場合はそれなりの覚悟をもって利用してください。
どんな結果が出ようとも全て自己責任を持つことがこの手のソフトを利用するお約束です。

▲ページトップに戻る